忙しさの関門を乗り越える

フリーエンジニアとして働き始める際には、仕事をしていくための手順がはっきりと理解できていないこともあって、生活と仕事とが切り離せずに忙しい毎日を過ごすことになります。始めの1、2年はそういった状況が続いてしまい、仕事の選び方や獲得の仕方が板についてきたり、実際に請け負う際の面談の行い方が身についてきたりすることで、実質的にも精神的にも余裕が生まれるようになります。そうなることによって、生活と仕事とを切り離して考えられるようになり、いわゆる平日と休日の区別が付けられます。この段階に至るまでは、エンジニアとしての仕事もフリーランスをする上での仕事も学ばなければならないことが多く、めまぐるしく過ぎていく忙しい日々を過ごすことになることは否めません。

しかし、フリーエンジニアとしての仕事の段取りを理解して余裕が生まれてくると、自由に休暇を取ることもできるようになり、働きたいときに多くの仕事を請け負って働くこともできるようになります。自分で時間管理ができるようになることで生活が豊かにもなり、忙しさに押しつぶされるような日々から解放されるのです。こういった段階に至るまでが苦しく、場合によっては仕事が手に入らなくなってしまって廃業せざるを得ない状況に至ってしまうこともあります。しかし、フリーエンジニアとして成功の道を歩むためには避けて通れない関門であり、その忙しさを切り抜けて将来への道が切り開けるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です