フリーエンジニアという働き方のメリット

フリーエンジニアというのは、フリーランス、つまり特定の企業や団体に属さず自らの才能や技能を提供することにより収入を得るという働き方をするエンジニアのことを指します。それまで企業などに属して身に着けたスキルや経験を生かして独立する例が多く、個人事業主や個人企業法人という考え方があり、仕事を請け負うたびに契約を結び単発的な働き方をするため、本人の営業力と業務遂行能力が重要となってきます。

フリーエンジニアという働き方を考える人の中には、会社員エンジニアとは違い、ストレスフリーな生活の反面安定した収入を手放してしまうというデメリットが頭をよぎる人も少なくないかもしれませんが、それを上回るほどのメリットももちろんあります。まず一つ目は、実力やスキルが伴えば、会社員の安定した給料よりもはるかに高額の収入を得ることができるのです。現在、契約額の相場は月60万円程度なので、これを粗でもらう給料だと考えても会社員ではなかなかもらえない金額です。二つ目は、長期休暇も自由に取ることができるということです。これは、勤務時間に拘束されないフリーランスの働き方の最大の特徴で、例えば海外旅行に長期で行きたいと思えば、その期間は仕事を取らなければいいのです。また、自分の能力次第で納期を守って契約の成果を出しさえすればいいわけで、10日掛かる仕事を5日で終わらせれば残りの5日は休暇と同じという考え方もできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です